従来、大工さんが作業場で加工していた軸組み加工を、工場の加工機ライン
(CAD・CAMシステム)によって、加工したものです。
プレカットによって、大工さんの腕次第だった加工精度のバラツキがなくなり大工さんが時間を有効に作業できるようになりました。



従来の軸組み工法では、筋交・間柱を入れた耐力壁を作って構造の強度を出し
ていましたが、パネルを用いることにより家全体を耐力壁にする事が出来る為
地震による倒壊を防ぐ事ができます。



従来、垂木・根太・鼻隠・破風板・間柱・筋交・窓台・窓まぐさ・野地合板の加工を現場にて大工さんの手で加工していました。
機械加工する事によって、大工さんの手間が省け、尚且つ現場での切削クズが減り、ゴミ処理費が減少します。
垂木加工により、高所作業による危険性が減少できます。